猫とワタシ

月亮哭了

世界がお前を殺しても 俺はお前を忘れない

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する25.凝視彼此的眼睛(DMMd-クリ蒼)

[我的五四三]雜事

25.凝視彼此的眼睛(DMMd-クリ蒼)

他想,那應該是這世界最美麗的。

Clear看著蒼葉那因為打盹而輕靠在他肩上的臉頰被壓出了紅紅的印子,他伸手輕輕的碰觸著蒼葉那在陽光照耀下,顯得紅通通的臉,非常柔軟的、非常溫暖的。

那是,即使這樣子碰觸都能感受到的,屬於某一個人特有的、溫度。他已經不在恐懼死亡般的睡眠,這一切都讓他感到安心的,閉上眼睛的、就能聽見的,

噗通、噗通的,心臟跳動的聲音。
於是他輕哼著,那像是讓空氣都淨化般的,不可思議的歌聲。

然後他期待著,等待著,那雙眼睛睜開的那瞬間、與自己的眼睛相互凝視的瞬間,他所看見的、世界上最美麗的光芒。

「早安、蒼葉先生。」
他說著。
感受著、生命,流動著。

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。